清澄庭園
江戸の豪商、紀伊国屋文左衛門の屋敷跡と伝えられ後に、
岩崎弥太郎が貴賓を接待する場所として造園し、隅田川の水を引いた大泉水をはじめ築山、
枯山水、を中心に全国の名石を配して「回遊式林泉庭園」として完成し、
東京都の名勝に指定されています。