地元であじさい寺と呼ばれている「麻生山・浄慶寺」の石の羅漢様です。
最上の仏教修行者である羅漢様が現代人の風俗を写し、思わず
「あるある」と頷きたくなる表情で鎮座している風景がなんとも和やかです。
ちなみに毎年二人づつ彫刻家に彫ってもらっているとのことです。
「麻生山・浄慶寺」の羅漢様

←ここをクリックして下さい(暫くするとスライドします)

協奏曲「四季」【春】